コンサート情報

ギター 古楽 その他

※ボタンをクリックすると該当するコンサート情報が絞り込まれて表示いたします。
こちらの情報は随時更新されます。「その他」のカテゴリーは講習会やイベントなどの情報です。
(チケットのお取り扱いございます)と表記のあるものは、当社からチケットをご購入頂けます。

【チケットのご購入方法】


(1)ご来店
お支払い方法:現金のみ(クレジットカード不可)

(2)ご郵送
お申込み受付期限:公演日の約1週間前まで。
お支払い方法:郵便振替または銀行振込(コンビニ決済不可)

※チケットと一緒にお振込み案内を同封いたします。郵便振替をご希望の場合は専用の振替用紙を同封いたします。お手元に届き次第お支払いをお願いいたします。送料および振込手数料はお客様負担となります。

※ご注意:お申し込み後のキャンセルおよび払い戻しは承りません。公演、会場、当日券の有無につきましては主催元様へ直接お問い合わせ下さい。

シリーズ講習会

【日時】
3月10日(日)10:00〜13:00
5月19日(日)10:00〜13:00
7月7日(日)10:00〜13:00
【タイトル】
曽根麻矢子プロデュース せたがやでチェンバロを学ぼう!シリーズPart.5
バロックダンス講座
【テーマ】
《ダンスを学びながら、チェンバロも学ぼう》
基本的な舞踏を全3回の講座で学びます。チェンバロを学んでいる方は、ダンスに合わせて演奏することも出来ますので、体を通して舞曲への理解を深められます。ダンス初心者の方、ダンスのみを学びたい方も大歓迎です!
【内容】
3月10日:ブレ、ガヴォット
5月19日:メヌエット、クーラント
7月7日:サラバンド、ジーグ
【講師】
岩佐樹里

<プロフィール>
フランス生まれ、東京育ち。幼少より松山バレエ学校にてクラシックバレエを学び、東海大学教養学部芸術学科音楽専攻課程卒業。 第16回国際なかのダンスコンペティションにてセンターフィールド賞受賞。2015年より毎年Amherst Early Music Festivalにてヒストリカルダンスプログラムのアシスタント、バロックオペラのソリストダンサーを務めている。2015年3月アメリカニューヨークコープランド音楽院にてバロックダンスリサイタルを行う。2016年9月にはバッハフランス風序曲に振付を自身で行い、台湾台北市において台湾初のバロックダンスコンサートで踊り大好評を博す。また、2017年3月にはアメリカツアーにて同プログラムをニューヨークなど複数都市で再演。2017年12月フランス、ナント市のバロックオーケストラStradivariaの30周年記念コンサートに特別ゲストとして出演。

国内外で公演に出演する傍ら、日本では音楽家のためのワークショップなどを国内各地で行っており、初心者にも分かりやすいバロックダンス講座には定評がある。2016年12月神奈川県高等学校教育研究会大会講師、2017年1月東京都立芸術高校グローバルキャリア講習会講師を務める。 バロックダンスをD.オルソン氏、K.マインツ氏、浜中康子氏、T.ベアード氏に師事。 バロックダンス教室アイリスの会、大阪お姫様アカデミー主催。CUNYコープランド音楽院バッハ講習会日本実行委員会バロックダンスコーディネーター。著書「踊って楽しむバロック舞曲」(吉澤実氏との共著)
【受講料】
1日(3時間)¥10,000
※1日、2日間のみでもご参加いただけます。
【会場】
松本記念音楽迎賓館
【ご予約・お問い合わせ】
吉岡まで。( 080-5693-9514)



【日時】
第1回 4月11日「フィレンツェ(イタリア)」オペラの誕生とメディチ家の策略
第2回 4月25日「ヴェネツィア(イタリア)」ヴィヴァルディの足跡をたどって
第3回 5月9日「パリ(フランス)」優雅に花開くクラヴサン(チェンバロ)音楽
第4回 6月13日「ライプツィヒ(ドイツ)」J.S.バッハの後半生と教会音楽
第5回 6月27日「ドレスデン(ドイツ)」プリマドンナと作曲家 ハッセ夫妻の活躍
※いずれも各木曜日、10:30〜12:00で開講です。
【タイトル】
チェンバロ生演奏と共に聴くクラシック音楽講座第22クール
『古楽でめぐるヨーロッパの古都』(6)
【概要】
300年ほど前のヨーロッパへ、タイムトラベルする音楽講座。今回は「取材したての街シリーズ」。1年以内に取材を行った街を中心に、最新の画像と情報とともにお届けします。「街」をキーワードに、音楽家の活躍や生きざまを、町の歴史や社会的背景とともに探っていきましょう。チェンバロの生演奏とCD音源で音楽を聴き、美しい風景のスライドを見ながら、古(いにしえ)のヨーロッパへ。一回ずつ完結の講座ですので、ご都合やご趣味に合わせてのご参加も可能です。
【講師】
渡邊温子(チェンバロ奏者)

<プロフィール>
タニタ楽器音楽教室チェンバロ科講師。国内外での演奏活動とともに、演奏者としての視点から17・18世紀の音楽についての講演をこれまでに250回以上行う。主な講演歴:日野市主催「やさしいバロック音楽講座」、小金井市主催「バロック音楽の魅力を探る」、財)音楽鑑賞教育振興会主催「新・冬の勉強会(小中学校音楽科教諭対象)」。武蔵野学院大学・大学院非常勤講師。日本チェンバロ協会会員。2016年7月に『古楽でめぐるヨーロッパの古都』を上梓。無料メルマガ「月刊バロック通信」毎月22日に好評配信中。
【受講料】
5回シリーズ受講 ¥12,000(※2名様同時申込みで1名¥10,000)
※1回毎の受講の場合¥2,500(※2名様同時申込みで1名¥2,000)
【会場】
タニタ楽器 北浦和東口センター
【ご予約・お問い合わせ】
タニタ楽器浦和支店まで。048-831-0910


【日時】
6月19日(水)9:40〜11:50
7月10日(水)9:40〜11:50
【タイトル】
バロック時代の楽曲の解釈
【講師】
村井頌子

<プロフィール>
桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒、ウィーン国立音楽大学チェンバロ科卒業。長年、桐朋学園大学音楽学部(チェンバロ、バロックダンス)、昭和音楽大学、同短期大学部(バロックダンス)の講師として勤務した。全日本ピアノ指導者協会(PTNA)正会員。二期会フランス歌曲研究会会員。

【会費】
各回¥2,500
【会場】
相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館)地下練習室
【お申込み・お問い合わせ】
村井頌子
村井頌子公式サイト
http://mozartiade.jpmx.net/ 

7月のイベント、講習会等

【日時】
7月15日(月/祝)14:00(13:30開場)
【タイトル】
スペイン「カタルーニャの音楽と文化」

【内容】
お話:濱田滋郎

音楽評論家、スペイン文化研究家として著名な濱田滋郎氏を講師にお招きして「カタルーニャ 」の音楽や文化についてお話頂く講座です!
なんでまたカタルーニャなの?と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょうが、クラシックギターの愛好家にお馴染みのソル、アルベニス、グラナドス、リョベート、プジョール、モンポウらはみんなスペインのカタルーニャの生まれなんです。リョベートが編曲した「聖母の御子」「アメリアの遺言」などカタルーニャ民謡も馴染み深いですね。
またチェロのパプロ・カザルス、三大テノールで有名なホセ・カレーラス、ヴィオラ・ダ・ガンバのジョルディ・サバール、リュートのチャビエル・ディアス。音楽以外では画家のサルバドール・ダリ、ジョアン・ミロ、建築家のアントニオ・ガウディ。彼らもみんなカタルーニャ生まれ。
優れた芸術家をこれほどまでに輩出しているカタルーニャってどんなとこなの?その謎に迫るというのが、本講座の趣旨となります。特に音楽との絡みでこういうテーマをお話いただけるのは、日本広しと言えども濱田先生をおいて他にはいらっしゃらないでしょう。貴重な機会をお見逃しなく!
【受講費】
限定40名
前売:3500円 当日:4000円
【会場】
オクターブハウス
【お申込み・ご予約】
セシリアギタースクール
080-5035-3385(秋山)ceciliaguitarschool@gmail.com



【日時】
7月20日(土)10:00開講
【タイトル】
曽根麻矢子チェンバロマスタークラス

【内容】
●レッスン内容
フランスの作曲家による任意の曲または、スカルラッティのソナタ。今回のテーマは以上の2つです。

●コメント
チェンバロのテクニックは謎だらけ?その秘密をお見せします!
譜面に書かれていない沢山のことを見つけましょう!
チェンバロを専門に学ぶ方、鍵盤楽器経験者だけれどチェンバロは未経験…という方にも、丁寧に優しくレッスンします。
ステンドグラスからの光、木の温もり溢れるホールでの好評のマスタークラスシリーズです。

●受講料10.000円(45分/1名)
 聴講料 5.000円(1日出入り自由)
※受講生は全てのレッスンを聴講できます
【会場】
松本記念音楽迎賓館
【お申込み・ご予約】
080-5693-9514(吉岡)

8月のイベント、講習会等

【日時】
8月1日(木)14:00集合〜8月4日(日)16:00頃解散
【タイトル】
つくば古楽アンサンブル2019

【内容】
○バロックアンサンブル、コンソート等のレッスン
・楽器編成は任意で、講師の専門楽器以外も歓迎します。
・各グループともすべての講師のレッスンを受講します。
・全日程で各グループ4コマずつ(1コマ1時間)のレッスンがあります。
・チェンバロのピッチは415、チェンバロを使わない場合のピッチは任意です。
【講師】
アンサンブル講師:福沢宏、本村睦幸、上尾直毅
ダンス講師・通奏低音アシスタント:平山絢子、レクチャー講師:菅沼起一 
料理:遠藤雅司

【受講費】
一般1名¥55,000/学生1名¥45,000 募集期間4月1日〜5月31日
【応募について】
アンサンブル9組(最大32名)
応募は、アンサンブル単位で受け付けます。
アンサンブルメンバーをお探しの方は、どうぞお気軽にご相談ください。ご相談くださった方同士でアンサンブルが成立した時点でお申し込みを承ります。できるだけ早めにお問い合わせください。
【会場】
豊里ゆかりの森 宿舎「あかまつ」
【お申込み・ご予約】
〈メール〉ryoko.izumida22@gmail.com 泉田(いずみだ)090-2609-6542



【日時】
8月4日(日)/10:00〜19:00
【タイトル】
古典舞踏研究会 第26回 夏期講習会
今日は一日、バロック・ダンス!!!〜ルベル『ダンスさまざま Les Caracteres de la danse』をテーマに〜
【内容】
10:00〜12:30/バロック・ダンス中級クラス
*舞曲のキャラクターを表現しよう〜『ダンスさまざま』(J.-F.ルベル作曲)振り付けの試み〜
※J.-F.ルベルによる音楽「ダンスさまざま Les Caracteres de la danse」(1715)に含まれる舞曲のうち、クーラントからガヴォットまでの部分に焦点を当てて振り付けを試みます。1700年から1715年までの間に出版された舞踏譜を参考に、各自準備して臨んでください。(楽譜、舞踏譜など、ご不明な点はお問い合わせください)

13:30〜16:00/バロック・ダンス入門クラス
*バロック・ダンスの基礎を学ぶ〜メヌエットを中心に〜。ダンス初心者も安心してご参加いただけます。

TBA(詳細は追って連絡)/古楽アンサンブルクラス(事前練習会あり)
*〜さまざまな舞曲をアンサンブルで〜古楽初心者もご参加いただけます。
※8月3日(土)午後に練習会を行います(詳細は別途ご連絡します)。古楽器(リュート、アーリーギター、トラヴェルソ、バロック・ヴァイオリンなど)の貸し出しについても相談に応じます。

16:00〜17:00/ティー・タイム

17:00〜19:00/舞踏会

※注記
1. クラスのレベルについて、ご不明な点はご相談ください
2. 見学、聴講のみの参加はできません。
3. 舞踏会のみの参加はできません。
4. この講習会は、イベント保険に加入しています。
【講師】
バロック・ダンス入門クラス・中級クラス:市瀬陽子
<プロフィール>
立教大学、東京藝術大学卒。舞踊史研究者、ダンサー、振付・演出家。ダンス・ユニット“セーヌ・エ・サロン”を率いてサントリーホール主催企画(2009/2012)にて振付作品を発表。出演作に置いては衣装・美術も手がけ、バロック・ダンスにおる舞台作品《ラ・ヴェルサイエーズ》等を制作。オペラやバレエ作品のための振付・演技指導、JPTA、PTNAにおける講座、子どもを対象にした企画にも積極的に取り組む。著作に『バレエとダンスの歴史』(平凡社)、DVD『時空の旅人〜バロックダンス・ファンタジー』(解説、エリアビー)、『バロック・ピアニストへの道〜フランスの舞曲編』(舞踊監修、学研プラス)等。聖徳大学准教授、東京藝術大学講師。

古楽アンサンブルクラス:竹内太郎
<プロフィール>
京都出身。ギルドホール音楽院古楽科(リュート/アーリーギター専攻)卒。ナイジェル・ケネディ、レイチェル・ポッジャー、サイモン・ラトル、ベルリン・フィル、イングリッシュ・コンサートなどと共演。CD、DVDなど多数。ソロディスクには「フォリアス!」、「アフェットーソ」、「可愛いナンシー」(読売新聞す朝日新聞推薦盤)などがあり、「最上のバロックギターアルバム」(グラモフォン)、「古楽器界のコルトレーン」(アーリーミュージック)、「高貴な演奏」(ロンドン・タイムズ)と評された。古楽器の歴史と奏法に関する論文/記事も多く、2018年にはオックスフォード大学出版の「アーリーミュージック」に学術論文「リージェンシーリュートの再発見」が掲載されている。ワルシャワ・ショパン音楽院招聘教授(1997年度)。ケンブリッジ大学シドニーサセックスカレッジ・リサーチグループ所属(2010年〜現在)。英国リュート協会前理事。ロンドン在住。

【受講費】
<バロック・ダンス入門クラス>
一般¥10,000 (¥7,000)
会員¥7,000 (¥5,000)

<バロック・ダンス中級クラス>
一般¥10,000 (¥7,000)
会員¥7,000 (¥5,000)

<古楽アンサンブルクラス>
一般¥15,000 (¥10,000)
会員¥10,000 (¥7,000)

※()内は学割料金(30歳以下)
※会員は古典舞踏研究会会員。北区在住および北区在勤の方は会員料金でご受講いただけます。
【会場】
北とぴあ ペガサスホール 他
【お申込み・お問い合わせ】
白井( historical_dance_2018@yahoo.co.jp )、武田(Tel 090-5511-5481 Fax 0554-63-6622)まで。最新情報は古典舞踏研究会のサイトをご参照ください。


【日時】
8月15日(木)〜18日(日)
【タイトル】
第1回 赤津眞言 古楽オーケストラ《器楽・合唱》夏期講習会2019

【受講資格】
・古楽オーケストラを学び、楽しみたい方。これまでに、赤津眞言のレッスンを受講したことのない方も歓迎いたします。

・バロック・モダンを問わず、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェンバロ、ギター、ハープなどの弦楽器のほか、リコーダー、オーボエ、フラウト・トラヴェルソなどの管楽器、または声楽(合唱)でも受講いただけます。

【演奏曲目】
アンリ・デュモン/バビロン川のほとりに(グランモテット)・・・合唱と器楽
ジャン・フェリー・ルベル/様々なダンス-ファンタジア(器楽のみ)
※ピッチはA=415Hz
【講師】
ヴァイオリン:赤津眞言
バロック・チェロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ:武澤秀平
ヴァイオリン:石井弓奈
チェンバロ:鎌田茉帆
【スケジュール】
8月15日(木)午後より:赤津眞言による個人・グループレッスン(希望者のみ・受講枠上限あり)

8月16日(金)終日:オーケストラ練習、受講生ランチタイムコンサート(希望者のみ・申込枠上限あり)※

8月17日(土)終日:オーケストラ練習、受講生ランチタイムコンサート(希望者のみ・申込枠上限あり)※

8月18日(日)夕方まで:講師コンサート、受講生オーケストラ・コンサート(全員発表)

※赤津眞言の個人・グループレッスンを受講されたことのある方は、受講生ランチタイムコンサートご出演いただけます。ご希望の方は、お申込みの際にご連絡下さい。
【受講費用・応募要項】
(1)全日程A(個人・グループレッスン+オーケストラレッスン)
¥65,000(個人レッスン受講生)
¥67,000(グループレッスン受講生)
※備考:8/15夕食〜8/18昼食までの3食、宿泊費、個人・グループレッスン費、講師コンサートチケットを含む。

(2)全日程B(オーケストラレッスン)
¥50,000
※備考:8/16昼食〜8/18昼食までの3食、宿泊費、講師コンサートチケットを含む。(注:併せて8/15のレッスン聴講をご希望の方はご相談ください)

(3)部分日程A(8/15個人・グループレッスンのみ)
個人レッスン ¥12,000
グループレッスン ¥24,000
※備考:宿泊・食事なし(注:宿泊・食事ご希望の方はご相談ください)

(4)部分日程B(8/16昼食後から19時までの間に到着される場合)
※8/16 19時までのご到着が難しい方は受講をご遠慮ください。
¥45,000
※備考:8/16夕食〜8/18昼食までの3食、宿泊費、講師コンサートチケットを含む(注:8/16昼食をご希望の方はご相談ください)

(5)聴講
¥2,000/1日
※備考:宿泊・食事なし(注:宿泊・食事ご希望の方はご相談ください)
【お申込み】
こちらをご参照ください。
※定員25名
※施設の都合上、宿泊は2名以上の相部屋となります。恐れ入りますが、予めご了承ください。
※受講確定後、振込先をご連絡させていただきます。
【会場】
静岡県立森林公園 森の家


【日時】
2019年8月23日(金)・24日(土)・25日(日)2泊3日
【タイトル】
第12回 クラシックギターセミナー in 原村
【目的・趣旨】
クラシックギターの魅力を再認識してもらうことから故 稲垣稔氏(2013年6月26日没)と共同で2007年にスタートしました。
クラシックギターが持っている「無類の美音」を心耳で聴き、その素晴らしさを一人でも多くの方に伝えていこうと開催しております。
初心者、プロ志望までレベルを問わずご参加いただけます。皆様の参加をお待ちしております。
【講師】
特別ゲスト講師:大萩 康司 先生
特別ゲスト講師:つのだたかし 先生
レギュラー講師:田口 秀一 先生(弊社音楽教室ギター科講師)
【参加料】
受講費:¥52,000(宿泊費、朝夕食2回、公開レッスン40分各2回、講座2回、講師コンサート有志による発表会、記念品、賞状)ただし昼食代は含まれておりません。
受講生募集人数18名
【聴講料】
単独で聴講の場合:各講座¥2,000
レッスン聴講:全日通し券¥3,500
一日券:¥1,500
【講師コンサート】
8月23日(金)19:30〜 ¥3,000
【お申込み・お問い合わせ】
お問い合わせ
音楽工房グランソノリテ
studio-grandsonorite@jcom.home.ne.jp
TEL/FAX 042-502-6264(田口)

お申込み受付期間
2019年4月1日〜8月上旬まで

お申込み方法
1)氏名
2)住所
3)電話番号(携帯電話可)
4)メールアドレス
5)年齢
6)性別
7)音楽歴
8)受講曲(2〜4曲程度)
9)今回のレッスンで習いたいこと
10)受講したい先生の組み合わせ第一希望、第二希望
※3人の講師すべてのレッスンを希望の場合は追加料で可能です。ご相談ください。

9月のイベント、講習会等

【日時】
9月21日(土)〜9月23日(月・祝)
【タイトル】
はらむら古楽祭2019

【概要】
「はらむら古楽祭」は、八ヶ岳の麓・長野県原村の豊かな環境の中で、ヨーロッパの中世・ルネサンス・バロックにかけての様々な音楽を「聴いて、学んで、楽しむ」古楽のお祭りです。ここでしか体験できない音に耳をすませに来てください。
【内容】
多岐に渡ってイベント、講習会、コンサートが行われます。詳細ははらむら古楽祭2019公式サイトをご参照ください。(お申込み、アクセス等も含む)