What'New

コジマ録音新譜2種が入荷しました。

※写真をクリックすると拡大表示になります。

青木洋也/対話〜Dialogus
コジマ録音 ALCD-1207 ¥3,080(税抜¥2,800))

<収録曲>
ジョヴァンニ・フェリーチェ・サンチェス/主よ、起こって私を責めないでください
ジョヴァンニ・フェリーチェ・サンチェス/祝福され、尊ばれし
ピエトロ・カザーティ/サルヴェ・レジナ(マリアの合唱)
ジョヴァンニ・パオロ・チーマ/主よ、お聞きください
ジョヴァンニ・パオロ・チーマ/ベアーティ
ハインリヒ・シュッツ/主を喜びとしなさい
ジョヴァンニ・バッティスタ・リッチョ/アヴェ・マリア
ジョヴァンニ・バティスタ・リッチョ/サヴォルディの歌
ヨハン・ローゼンミュラー/おお、主イエス・キリストよ、あなたを讃えます
ルパート・イズナーツ・マイヤー/主が建てなければ
マルカントニオ・ツィアーニ/救い主のうるわしき母

カウンターテナー:青木洋也
サクバット:栗原洋介
サクバット:和田健太郎
ヴァイオリン:角野まりな
オルガン:新妻由加

<レーベル紹介文>
カウンターテナーの青木洋也ほか、実力派演奏家が集い、17世紀の主にイタリアの音楽を集めたアルバム。

サクバットはトロンボーンの祖先で、15〜17世紀に盛んに演奏された楽器。教会に溶け込む豊かな響きにより「神から祝福された天使の楽器」とも言われている。

17世紀ヴェネツィアでは教会でも特にサクバットを盛んに使っていたことから、モノディーの影響を受けた独唱による聖歌と器楽合奏曲を選び、極めて個性的な「ヴェネツィア教会音楽の栄光」とも呼ぶべきプログラムを組み上げている。



大橋多実子(メゾ・ソプラノ)、谷辺昌央(ギター)/武満徹・細川俊夫〜声とギターの世界
コジマ録音 ALCD-7268 ¥3,080(税抜¥2,800))

<収録曲>
【武満徹】
○と△の歌*、小さな部屋で**、三月のうた*、明日はハレカナ、曇リカナ*、小さな空*、翼*、死んだ男の残したものは*、ワルツ*

【細川俊夫】
【日本民謡集より(ギターのための編曲作品)】子守歌、さくら

【恋歌I ソプラノとギターのための】
秋の田の(万葉集)、君が行く(万葉集)、由良の門を(古今和歌集)

【2つの日本民謡 声とギターのための編曲作品】
熊本民謡/五木の子守歌、福岡民謡/黒田節

【声とハープのための3つの日本民謡より(声とギター版:世界初録音】
岩手民謡/南部牛追歌

※【武満作品】
*:編曲:渡辺裕紀子
**:編曲:北爪道夫

<レーベル紹介文>
二人の日本人作曲家、武満徹と細川俊夫による、歌とギターのための作品集。

直接的に身体的とも言える歌の可能性も追求していた武満に対し、東洋の文化を背景とする作曲家の創造の可能性を追求する細川。

二人の歌に対する大きく異るアプローチを、大橋と谷辺が真摯に解き明かす。