What'New

本日リリース、コジマ録音新譜、「椎名雄一郎/バッハの源流を求めて- 三大「B」」が入荷しました。

※写真をクリックすると拡大表示になります。

椎名雄一郎/バッハの源流を求めて- 三大「B」
コジマ録音 ALCD-1195 ¥3,080(税抜¥2,800)

<収録曲>
【ディートリヒ・ブクステフーデ】
トッカータ ニ長 BuxWV155
ザムエル・シャイト編/コラール《天にましますわれらの父よ》SSWV471
われらより取り去り給え、主よ、汝真実なる神よ BuxWV207
カンツォネッタ ト長 BuxWV171
S.シャイト編/コラール《われは心より願う》SSWV517
ああ主よ、哀れなる罪人とわれを BuxWV178

【ゲオルク・ベーム】
プレリュディウム ニ長
大いに喜べ、おお わが魂よ
S.シャイト編/コラール《キリストは死の縄目につながれたり》SSWV457a
キリストは死の縄目につながれたり

【ニコラウス・ブルーンス】
プレリュディウム ト長
S.シャイト編/コラール《いざ来ませ、異邦人の救い主よ》SSWV441a
いざ来ませ、異邦人の救い主よ
S.シャイト編/《いざ来ませ、異邦人の救い主よ》SSWV441b
プレリュディウム ホ長

<レーベル紹介文>
ドイツ・バロック時代、J.S.バッハへと連なる鍵盤音楽の大河の源流を、3人の北ドイツの作曲家、ブクステフーデ、ベーム、ブルーンスに求める。

バッハは3人の作曲家に憧れ、ベームがオルガニストを務めていた北ドイツ・リューネブルクを目指し、またアルンシュタット・オルガニスト時代にはブクステフーデの音楽を聴くためにリューベックを訪れたのであろう。

多様で豊穣な北ドイツ・オルガン音楽の真髄を、当時建造された銘器アルプ・シュニットガー・オルガンの無二の音色と、綿密に設計された椎名の演奏によって聴くことができる。

※録音:2018年9月3日〜7日、ドイツ・ノルデン 聖ルートゲリ教会。