What'New

現代ギター社新刊書籍、楽譜が入荷しました。

※写真をクリックすると拡大表示になります。

手塚健旨・著/手帳と手書き譜から辿るフランシスコ・タレガ伝

現代ギター社 ¥1,650(税抜¥1,500)

<内容>

【前書き】

【序章】
フランシスコ・タレガのギター改革

【第1章】
タレガの生誕/ピアノとギターを学ぶ/フリアン・アルカス/初めての大都会バルセロナへ/冒険

【第2章】
ブリアーナ/アントニオ・デ・トーレス/兵役/マドリッド音楽院/キリスト様とマリア様通り

【第3章】
クレメンティー − 初めての痛手/アルカスとの再会/マリア・リソ/リヨン − パリ/ロンドン/タレガの想い出

【第4章】
結婚/アルベニス/セビーリャとカディス/バルセロナに定住

【第5章】
アルベニスとの再会/アペレス・メストレス/レッキー博士との出会い/レオン・ファーレの搾乳場

【第6章】
1891年11月のマヨルカ島でのコンサート/タレガと民族音楽/コラム[タレガを讃えて(レヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサ)]/ミゲル・リョベート

【第7章】
ニース、パリ/女子生徒エルビラ・ミンゴット/ジェノヴァ/セビーリャ/コンチャ夫人

【第8章】
レコーディング/<アランブラの想い出>の謎/パリ 1897年プレイエル音楽堂/アルジェリアへの旅/コラム[ドゥルシネア姫]

【第9章】
ダニエル・フォルテア/コラム[追想 D.フォルテア]/もう一人のフォルテア

【第10章】
エミリオ・プジョール/トーレスのギターが蘇る/コラム[タレガの教え]/バルセロナに住む他のギタリスト/ビルバオのタバコ事件

【第11章】
タレガの弟子たち/ホセフィナ・ロブレド/ペピータ・ロカ/サルバドール・ガルシア/エスタニスラオ・マルコ

【第12章】
イタリアへの旅/ローマとナポリ/スイスでのコンサート

【第13章】
グラナディーリャとリェイダへの旅/タレガの家/タレガのギター/パキートの恋

【第14章】
実らぬ恋/コンサート評/指頭奏法

【第15章】
故郷に錦を飾る/1906年 タレガを聴く会/マリア・リタ・ブロンディ

【第16章】
タレガを讃える会/アランブラの想い出/列車の中の出来事/無料レッスン/幻の南米行き/フォルテアへの手紙

【第17章】
脳塞栓症で倒れる/仲直り/コンチャ夫人との再びの旅/1909年 最後の年/挽歌・エンデチャ

【登場人物解説】

【あとがき】

<出版社紹介文>
著者・手塚健旨はスペインに 5年間留学して往年の巨匠達に師事したギタリスト。堪能なスペイン語力を駆使してスペインや南米のギターに関する史料を収集し、ギター音楽の歴史を探求している。本書はフランシスコ・タレガの手帳や手書き譜を集める過程で解明された新たな事実をギタリストとしての視点からまとめたもの。従来の説とは異なる情報を豊富に盛り込み、新たなタレガ像を提供している。表紙に使われた手帳の手書き文字はタレガがマリア夫人に愛の告白をした日の、喜び溢れる文章である



江部賢一 他編/あの頃を思い出す〜ギター・ソロのための昭和テレビ・アニメソング コレクション(タブ譜付き)

現代ギター社 ¥2,750(税抜¥2,500)

<収録曲>
アタックNo.1[大杉久美子(初期:小鳩くるみ)](平倉信行・編)
ウルトラマンタロウ[武村太郎、少年少女合唱団みずうみ](平倉信行・編)
ゲゲゲの鬼太郎[熊倉一雄](平倉信行・編)
サザエさん[宇野ゆう子](江部賢一・編)
タイガーマスク[新田 洋](蓮見昭夫・編)
天才バカボン[アイドル・フォー](蓮見昭夫・編)
にっぽん昔ばなし[花頭巾](江部賢一・編)
ねえ ムーミン[藤田淑子](平倉信行・編)
ゆけゆけ飛雄馬[アンサンブル・ボッカ](清水義文・編)
ルパン三世のテーマ 80’[大野雄二](岡崎 誠・編)*
傷だらけの天使[大野克夫](竹内永和・編)
木枯し紋次郎 だれかが風の中で[上條恒彦](清水義文・編)
子連れ狼[橋 幸夫](蓮見昭夫・編)
これが青春だ[布施 明](蓮見昭夫・編)
銭形平次[舟木一夫](竹内永和・編)
太陽がくれた季節[青い三角定規](清水義文・編)
太陽にほえろ![大野克夫](清水義文・編)
Monkey Magic[ゴダイゴ](岡崎 誠・編)*

<出版社紹介文>
本曲集は弊社刊「ギターソロのためのJポップ大全〜TV主題歌編9〜11」の中から名曲16曲を厳選し、新たにアレンジした2曲(*の作品)を加え、全18曲からなる新装新版として編纂したものです。リアルタイムで聴いていた方は懐かしい主題歌など在りし日の想い出が蘇るのはもちろん、若い方には懐かしい昭和のヒットナンバーをたっぷり味わっていただけることでしょう。