What'New

コジマ録音新譜、「山田 岳/メロディア」が入荷しました。

※写真をクリックすると拡大表示になります。

山田 岳/メロディア
コジマ録音 ALCD-123

<収録曲>
ミシェル・ヴァン・デル・アー/ギターとオーディオトラックのための《栗毛色》
近藤 譲/不特定の同種2旋律楽器のための《オリエント・オリエンテーション》*
山本裕之/ギターのための《葉理》
三輪眞弘/録楽のための《七ヶ岳のロンド》
シモン・ステーン=アナーセン/2人の増幅された音楽家のための《実践の難しさ》
中川統雄/一人の奏者によるエレクトリック・ギターとエレクトリック・ベースのための《滅びの中の滅び:作曲者によるリミックス・ヴァージョン》
西風満紀子/ギターのための《メロディア - ギター》
ロイス・V・バーク/5台のエレクトリック・ギターのための《五ギター》

*ゲスト:佐藤紀雄(エレクトリック・ギター)
※ミシェル・ヴァン・デル・アー、山本裕之、三輪眞弘、西風満紀子作品はクラシック・ギター。近藤 譲、ロイス・V・バーク作品はエレクトリック・ギター。中川統雄作品はエレクトリック・ギター&エレクトリック・ベース。シモン・ステーン=アナーセン作品はパフォーマンス。

♪ 2017年に同じくコジマ録音からリリースされた初ソロ・アルバム、“Ostinati(オスティナーティ)”はレコード芸術誌にて特選盤に選出。また、第55回レコードアカデミー賞にノミネートされるなど、現在、最も先鋭的な演奏活動をされている山田 岳さん待望のセカンド・ソロ・アルバムです。

いずれもこれまでのギター・アルバムでは聴かれたことのない音(シモン・ステーン=アナーセンの作品ではギターが登場しません!)、楽器の枠を軽々と超えたパフォーマンスなどを堪能でき、世界的に見ても非常に稀有なギターによる現代音楽アルバムとなっています。

現代音楽≒難解と考えずに、その音世界にゆったりとした気持ちで身を委ねて聴きますと大変面白いです。

現在、山田 岳さんのウェブサイトで全曲試聴(30秒)可能です。

是非、こちら(https://www.gakuyamada.com/)でまずご体験下さい。