What'New

コジマ録音新譜2種

※写真をクリックすると拡大表示になります。

根岸基夫(リコーダー)、鈴木理賀(チェンバロ)/リコーダーとチェンバロによるJ.S.バッハ 6つのソナタ
ソナタ第5番ヘ長調(原調:ハ長調)BWV529、ソナタ第2番ホ短調(原調:ハ短調)BWV526、ソナタ第3番ト短調(原調:ニ短調)BWV527、ソナタ第4番イ短調(原調:ホ短調)BWV528、ソナタ第1番ト長調(原調:変ホ長調)BWV525、ソナタ第6番ハ長調(原調:ト長調)BWV530

コジマ録音 ALCD-1174 ¥2,800 (本体価格)+税

<レーベル紹介文>
C.P.E.バッハが”最良の作品”に数えられると評し、時代を超えた価値が高く評価されるオルガンのための《6つのソナタ》。リコーダーとチェンバロによる演奏ならではの工夫によって、原曲と推測される「アンサンブルとしてのトリオ・ソナタ」を想起させる躍動的な響きが生まれ、作品の真価を鮮やかに描き出す。

♪ チェンバロは弊社所有、ブルース・ケネディ(アムステルダム、1995年)作:M.ミートケ(1702〜4年)によるジャーマン2段鍵盤チェンバロが使用されています。



椎名雄一郎/3つのオルガンで聴くバッハの世界〜東京芸術劇場〜
【ルネサンス・オルガン】
2つのコラール編曲/<いと高きところでは神に栄光あれ〜コラールBWV715、ビチニウムBWV711

【バロック・オルガン】
オルガン小曲集より<おお人よ、汝の罪の大いなるを嘆けBWV622>、パッサカリア ハ短調BWV582

【モダン・オルガン】
トッカータとフーガ ニ短調BWV565、ソナタ第3番ニ短調BWV527、幻想曲とフーガ ト短調BWV542、コラール前奏曲<最愛のイエス、われらここに集まりてBWV731>

※ライヴ録音のため会場ノイズがございます。どうぞご了承下さい。

コジマ録音 ALCD-1175 ¥2,500 (本体価格)+税

<レーベル紹介文>
ルネサンス、バロック、モダン。調律もピッチも異なる様式で建造された、世界でも類を見ない特殊な大型オルガンの響きを操る椎名のバッハ、体感!

♪ 東京芸術劇場コンサートホールのルネサンス・オルガン(ミーントーン A=467Hz)、バロック・オルガン(不等分調律 A=415Hz)、モダン・オルガン(ほぼ平均律 A=442Hz)によるライヴ録音です。